Id

menu

Id. DEISGN STUDIO BLOG

アイディデザインスタジオの広報、デザイン/マーケティングに関する研究内容を書き留める忘備録、及び実績紹介のブログです。

DESIGN for Innovation 2016

BY Seiji Bessho Date:2016年5月20日 Category:Design, Event report

DESIGN for Innovation 2016

こんにちは。別所です。

先日、btraxが主催した「デザインの力が未来を創り出す」をテーマとしたイベント

「DESIGN for Innovation 2016」に参加してきました。

平日9:30〜21:30とかなりの長丁場だったんですが、それを感じさせない充実した内容でした。

午前中はイノベーションワークショップ。

体験をリデザインする最初の工程をワークショップ形式で説明していただきました。

 

①相手に対する深い共感

②問題をリフレーミング

③テストのための代替案検討

④プロトタイピング

⑤フィードバック

 

と具体的な方法をグループワークで実践したので非常にわかりやすかったです。

各工程も4分〜8分など時間を区切って作業するとテンポ良く進むものですね。

このワークショップは来月の弊社の勉強会でもやってみようと思います。

 

カンファレンス

午後のカンファレンスは主に、今後デザイナーという職種が

どのように変わっていくかという議題で話していました。

レポートがあったので↓こちらを読んでいただいた方が早いかと思います。

btraxが「DESIGN for Innovation 2016」を開催——イノベーションに対するデザインの重要性を徹底討論

http://thebridge.jp/2016/05/design-for-innovation-2016-by-btrax

「デザインテクノロジスト」の登場、デザインファームの買収―世界最先端のデザインの潮流
http://bizzine.jp/article/detail/1583

「ストーリーデザイン」により、消費者の共感を体験につなぎビジネスの差別化を実現する
http://bizzine.jp/article/detail/1582?p=4

これからのデザイナーは机に向かってゴリゴリと美しいビジュアルデザインを作る、

それ以外の人たちには理解ができない、「神秘的」で職人気質な職種ではなく、

与えられた制限の中で最大限の結果を生み出す能力のある人間のことなんだろう認識しています。

これは、単純にセンスがあるデザインができる人と言うよりは

情報設計やここ2〜3年で誰もが口にするようになったUXデザインなどに基づいて、

アウトプットまでの全ての工程に積極的に関わっていく船頭みたいな役割であるべきで

そのために必要な知識や技術は誰でも学ぶことができる物だと思っています。

たとえばマーケティングの知識であったり、心理学であったり、建築の知識であったり、

大学の一般教養で学ぶことであったり、

普段から本を読んだりこういったセミナーに参加していたら十分に習得できるような物ばかりです。

今年に入ってから弊社も新しいスタッフも何人か増やすことができましたので

また定期的に勉強会を行い意識の標準化をしっかりと行っていきたいと思います。

いや、ちょっと堅すぎますね。

社内だけでなく社外の方とも交流を持ちつつ、無駄話もしつつ、積極的に恥も搔きつつ・・・

学んでいきたいと思います。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

ちなみに弊社の勉強会は社外の方も参加可能です。

1〜2人と席は少ないですが、ご興味がある方はご連絡ください。

ボストンテリアのラボくん はたらく編
ボストンテリアのラボくん はたらく編

こんにちは。ふたたび別所です。みなさん、LINE使ってますか?

新しいLINEスタンプをリリースしました!

個人的にはかなり気に入っています。

仕事のシチュエーションで使えそうなスタンプになっています。

これが評判が良ければ犬種も増やしたいところです!

是非、ダウンロードしてみてください!

こんにちは吉田です。

趣味は楽器演奏、レゴ、・・・・・・そして映画鑑賞です。

ということで本日は「クラシカル」「部屋に飾るとおしゃれ」をテーマに、”名画”とも言える映画のポスターをいくつかご紹介します。
(画像ではなく、ポスター販売店のリンクを掲載します)

【風と共に去りぬ】
http://www.allposters.co.jp/-sp/%E9%A2%A8%E3%81%A8%E5%85%B1%E3%81%AB%E5%8E%BB%E3%82%8A%E3%81%AC-Posters_i8038571_.htm

燃えるような赤・オレンジが印象的なこの1枚。気を失ったスカーレットを抱えるレットが本当に色っぽい!

【雨に唄えば】
http://www.allposters.co.jp/-sp/%E9%9B%A8%E3%81%AB%E5%94%84%E3%81%88%E3%81%B0-Posters_i8038071_.htm

言わずと知れたミュージカル映画の大傑作。シンプルな構成ですが、楽しげなスリーショットにワクワクします。

【市民ケーン】
http://www.allposters.co.jp/-sp/Citizen-Kane-Orson-Welles-1941-Running-For-Governor-Posters_i9339926_.htm

こちらはポスターではなくスチール。映画通アピールに最適な1枚?

【トップハット】
http://www.allposters.co.jp/-sp/Top-Hat-1935-Posters_i6249841_.htm

ミュージカルの神様、フレッド・アステアの代表作。アステアの象徴であるトップハットの上で
ステップを踏む二人がファンにはぐっときます。

【西部開拓史】
http://www.allposters.co.jp/-sp/%E8%A5%BF%E9%83%A8%E9%96%8B%E6%8B%93%E5%8F%B2%EF%BC%881962%E5%B9%B4%EF%BC%89-Posters_i8037144_.htm

アメリカの西部開拓記を5章立てで描く一大スペクタクル。同じ西部時代でも5つの時期を5つの絵で見せています。

うーん、映画っていいものですよね。

みなさまも部屋に飾っておけばゴキゲンになれそうな1枚を探してみてはいかがでしょうか?

oki

グッドデザイン賞を受賞した温泉3選

BY OKI Date:2015年11月10日 Category:Design

皆さんこんにちは。
ディレクターの大木です。

最近少しづつ寒くなってきましたね。
僕は温泉が大好きなので、寒くなると温泉に行きたくなります。

そこで今回は、グッドデザイン賞を受賞している見た目にもおしゃれな銭湯・温泉をご紹介したいと思います。

1.久松湯(東京都練馬区)

まずはこちら。東京の練馬区にある久松湯です。
2015年に受賞しています。
東京に温泉?という方もいるかもしれませんが、なんと東京23区中の22区に温泉施設があるのです。
2014年5月リニューアルオープンしたというこちらの温泉は、お風呂に浸かりながらプロジェクションマッピングが楽しめる、最先端の温泉施設になっています。

2.山代温泉 湯の曲輪(石川県加賀市)

続いては石川県加賀市の山代温泉です。
2012年に山代温泉全体で都市づくり、地域づくり、コミュニティづくり部門で受賞しています。
江戸時代の町並みを残しながら、最先端のデザインや技術を導入した、今までにない温泉地になっています。
最近では人気音楽ユニットのプロモーションの舞台にもなっているようで、ますます注目度が上がっていきそうです。

3.仏生山温泉(香川県高松市)

こちらは四国高松の門前町仏生山に新しくつくられた日帰り温泉施設です。
2007年に建築デザイン部門で受賞しています。
温泉施設とは思えない、シンプルでお洒落な建物が特徴です。
施設内にはフリースペースや食事処もあり、香川名物のうどんも一緒に楽しめます。

どれも行ってみたくなる温泉ですね。
今度の連休はモダンな温泉に出かけてみてはいかがでしょうか。

LINEスタンプリリースしました

BY Seiji Bessho Date:2015年10月23日 Category:LINE Stamp

地蔵は聞いてるZOU!
地蔵は聞いてるZOU!

ばか殿と家来たち
ばか殿と家来たち

こんにちは。別所です。みなさん、LINE使ってますか?

かなり遅れ馳せなんですが、弊社のオリジナルスタンプがリリースされました。

LINEのクリエイターズスタンプはサービスがリリースされてから

その手軽さからイラストレーターだけで無く、

たくさんの方々がオリジナルのスタンプをリリースしています。

弊社もApple Watchが発売されて以来、スタンプだけで会話をすることが多くなるのではないかと思い、

会話が成立するようなシチュエーションを絵にしてみました。

と言うか自分たちで使いたかっただけなんですが・・・(笑

今後もスタンプは増やしていくつもりですので使ってみて頂ければ幸いです!

小野 航

アクアリウムデザイン

BY wataru.ono Date:2015年10月16日 Category:Design, Others

みなさん、こんにちは。
デザインと実装と、ときどき提案書をつくるディレクターの小野です。
最近、自分の立ち位置がますますわからなくなってきました。

さて、今回は癒やしの代名詞「アクアリウム」のレイアウトについて書きたいと思います。
この時点でもうバレてると思いますが、完全に趣味のお話です。

pic_20151015_01

 

「アクアリウム」。

水槽を土や砂や石や木や水草と言った自然物を使ってレイアウトし、熱帯魚などを飼育する環境のことを指します。

アマゾンの川底やマングローブを模した、水族館の水槽をイメージされるとわかりやすいかもしれませんね。専門店に展示されている秀逸な作品を眺めてると、なんだかとっても癒やされます。

聞くところによるとアクアリウムの愛好家は世界中にいて、国際的なコンテストなんてのも開催されているそうですよ。
http://jp.iaplc.com/about/gp_works.html

すごいですねぇ。
もう絵画のようです。ε-(´∀` )

続きを読む >