Id

menu

Id. DEISGN STUDIO BLOG

アイディデザインスタジオの広報、デザイン/マーケティングに関する研究内容を書き留める忘備録、及び実績紹介のブログです。

明けましておめでとうございます!

BY Seiji Bessho Date:2016年1月4日 Category:Daily

黒バージョン

赤バージョン

皆さまのご支援をいただきまして、本年も無事に新年を迎えることができました。

誠にありがとうございました。

昨年は様々な状況で反省すべき事柄がありましたので、

本年はその教訓を生かしつつ、精一杯業務に励みたいと思います。

 

本年の目標は年末に後悔が残らないよう、やれることは全てやりきること。

単純なことですが達成できた年は数少ないかと思います。

本年はその数少ない年として我々の記憶にしっかり残るような年にしたいです。

 

弊社、アイディ デザインスタジオは本日1月4日より仕事始めとなります。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

小野 航

考える犬

BY wataru.ono Date:2015年12月13日 Category:Book, Others

こんにちは、ディレクターの小野です。

今までWebやデザインに関連したカタい記事ばかり書いてきましたので、今回は少しゆるい内容にしたいと思います。

今回ご紹介するのは本、それも漫画です。
講談社から発売されています、守村大著『考える犬』という作品になります。

主人公は40代の中年サラリーマン。
ヒットを飛ばすトップ週刊誌の敏腕編集長です。
行動力と決断力に揺るぎない自信を持ち、周囲からも認められるダンディな男性。人生の勝ち組ですね。

そんな完璧な人間性を自負する主人公「大門寺文左衛門」ですが、あるとき捨て犬を拾います。
それはいっときの感傷に流されたものではなく、自慢の直感をもとに判断した結果。
この犬は、自分と自分が愛する家族へ必ず良き影響を与える。そう、何か強い縁を感じたためでした…。

 

続きを読む >

oki

数学が得意になるには

BY OKI Date:2015年12月11日 Category:Others

この記事はQiita 数学 Advent Calendar 2015の11日目の記事です。

こんにちは。
ディレクターの大木です。

数学的な思考は意外と使う機会が多いのに、数学に苦手意識持っている人が多いなとよく思います。
そこで、今回は数学が得意になるにはどうしたら良いか、ということについて書きたいと思います。
(自分の経験)

1.手を動かす

これが一番大事です。
考えているだけでは得意にはなれません。
一番やってはいけないのが、参考書とか問題集の解答を「読む」ことです。
わからない問題も解答のとおりに実際に解いてみましょう。
そして、参考書のヒント無しでできるまで反復練習することが重要です!
自分の力でできるようになって、初めて理解できたといえます。

2.最初から100%理解することを目指さない

数学ができない人の傾向のひとつに「いきなり100%理解しようとする」という点があります。
しかし、めちゃくちゃ頭のいい人でない限り、いきなり100%理解できるわけないのです。
理解できない点があっても「私は数学苦手だ」とか思う必要はなくて、
最初は60%の理解でも繰り返すうちに100%に近くなって行けばいいんです。

3.人に教わる

参考書とか読んでると、たまに(頻繁に?)何言ってるのかわからないところが出てきます。
10分間考えてわからないものは60分考えても答えは出ません。(個人的な感想です笑)
そういう時は人に聞くのが一番です。
家庭教師とか知恵袋とか頼れるところはたくさんありますよ。

4.参考書のやり方を真似る

「守・破・離」という言葉もあるように、何事もまずは師の型を真似るところから入るのが定石です。
(「守破離」って語感が良くて好きです)
自分で考えることも大切ですが、真似することも同じように大切です。

まとめ

当たり前なことばかりですけど、当たり前なことをきちんとできる人が強いと思います。

こんにちは、最近は「下町ロケット」と「あさが来た」を見るのが生き甲斐なコニー吉田です。

今日ヤフーニュースを見ていたらこんな記事が目に飛び込んできました。
「おばあちゃんにカニむきロボを 8歳発案、町工場が試作」

関節リウマチを患うおばあちゃんがカニの殻を剥きにくそうにしているのを見て、
このカニむきロボを思いついたのだそうです。

それから3ヶ月後、東大阪市の広報誌に載った発明品アイデア募集に応募したところ
なんと「ブランド賞」に選出! 市内の町工場が本当に制作してくれることになったの
だとか。

少し前にはこんなニュースもありました。

「小6少女が特許取得 缶を自動分別するごみ箱 夏休みの自由研究きっかけに」

愛知県の小学6年生が、磁石の力を利用してスチール缶とアルミ缶を自動で分別するゴミ箱を制作し、
特許も取得したそうです。

発明者の女の子はスーパーを営むおじいちゃんが缶の仕分けしているのを見て思いついたそうです。
面倒そうな作業に見えていたのかもしれませんね。

不便なことをどうにかしたい、それってまさに提案系の仕事にも通じますよね。
「下町ロケット」でも阿部寛演じる佃社長が熱弁していました。

ものづくりの基本というか、ソウルを感じるニュースでした。

おまけ:第16回全国ジュニア発明展(2014)

全国の小・中学生の発明コンテストです。妊婦さんのための爪切りや、出す量をコントロールできる
シャンプーボトル、大きな窓の外側を簡単に拭く便利アイテムなどなど見始めたら止まりません。
ちょっと煮詰まったときに眺めてみたら何かひらめくかも?

kanebako

20xx年

BY kanebako Date:2015年11月30日 Category:coding

「ヒヤッハー!汚物は消毒だ〜〜〜!」

 

cssちゃん

「汚物はあなたよ!」

「くらえ!ポジション:フィクストっっ!」

 

「んん?なんだあ〜〜?いまの呪文みたいなのは〜〜〜?」

「蚊にさされたかと思ったわぁ〜〜〜〜〜〜そんなものじゃ効かんわぁ〜〜〜〜ぐへへへへ……」

「ぐへへへへ……へ」

「………………へ??」

 

【ピキーーーーーン】

 

「ぎゃあああぁぁああああぁあああああ!体がこの位置から動かないぞぉおおおお!なんだああこれはあああ!」

「おまえぇぇぇ〜!なにをしたあぁぁぁぁああ!!」

 

cssちゃん

「あなたはもう、固定されている!!」

 

「ひぇおお~~~~~」

 

 

 

END

 

ボストンテリアのラボくん はたらく編
ボストンテリアのラボくん はたらく編

こんにちは。ふたたび別所です。みなさん、LINE使ってますか?

新しいLINEスタンプをリリースしました!

個人的にはかなり気に入っています。

仕事のシチュエーションで使えそうなスタンプになっています。

これが評判が良ければ犬種も増やしたいところです!

是非、ダウンロードしてみてください!

六本木アートカレッジ2015

BY Seiji Bessho Date:2015年11月27日 Category:Event report

六本木アートカレッジ2015

こんにちは。別所です。

久しぶりにブログを書く気がします。

あっ。前回はスタンプリリースのお知らせだったから印象が薄いんですね。

そのスタンプもそろそろ新しい物がご紹介できそうなんですが、それは後ほどと言うことで。

今回は今週の月曜日に参加した六本木アートカレッジについて書きたいと思います。

三連休の最終日の朝からという個人的には二日酔い確実の日程ですが、

モーニングゾンビよろしく強行してきました。

六本木アートカレッジはアカデミーヒルズで年に一回開催されるトークセッションです。

各界のトレンドを担っている方々が、

パワーセミナー、コラボトーク、パワフル女子トーク、体感型アクティビティ、アートトーク、と

五つのカテゴリーの各会場に分かれて小学校の時間割のように一時間ずつトークセッションを行います。

参加人数も1000人と大規模で賑わっていました。

タイムテーブル

オープニングはトランジットジェネラルオフィス社長の中村さんとアカデミーヒルズ理事長の竹中さん。

トランジットは朝食ブームの火付け役になった、billsを展開している会社です。

対談ではインプットした物、知識はとにかくアウトプットすること。と言うことをおっしゃっていました。

本を読んだり、イベントに参加したり、またはアイデアが浮かんだら同僚や友人にアウトプットする。

アウトプットすることによってインプットした事が自分の中で確実になるとのこと。

これは以前から言われてきたことなんですが、改めて実践しないといけないなあ。と思いました。

他にもアイデアは必ずしもゼロから作らなければいけない物ではないということ。

ニューヨークやロンドンにあって東京にないものは積極的に取り込むべきだと。

東京はブランドとして世界屈指の先進都市であるべきで、世界の先頭集団から外れるわけにはいかない!

東京が元気になれば地方も元気になる。と仰っていました。なるほど。

 

2番目に参加したのはパワーセミナーの編集者、軍地彩弓さんのセッションでした。

軍地さんは雑誌、GLAMOROUSを始めとする様々なファッション雑誌の編集をされていた方で、

ドラマ「ファーストクラス」の監修もされていたそうです。

共感する企画の作り方のお話でした。

1. 観察
2. 情報を収集する
3. 人の心の声を聞く
4. 心理導線を考える
5. 論理を飛躍する
6. 集約する

と言う過程を踏んで企画を作るそうなのですが、5の論理を飛躍すると言うところが興味深かったです。

話を飛ばしてほかの業界との話題に紐づけるなど企画の過程では無意識に行っていることもあるのですが、

工程に組み込むことはなかったので、これからは参考にさせて頂きたいと思います。

 

3番目に参加したのは清水寺の住職、森清顕さんの「清水寺のマネージメント 3つの極意」です。

もうタイトルだけでグイグイ引っ張られますよね。

清水寺の年間の来訪数は500万人もいるそうです。ちなみに京都全体では5000万人。すごい市場ですね。

清水寺の概要や三つの極意、現在を知り、過去に学び、未来につなぐ、と言う高尚なお話を頂きました。

とにかくお坊さんは話すのが上手、抑揚の付け方も、たまに笑いを誘うところもあり、楽しかったです。

清水寺参拝曼荼羅のコピーも見ることができて1200年の歴史の一部を垣間見ることができました。

 

4番目に参加したのはモデルの鎌田安里沙さんのセルフブランディングのセッションです。

鎌田さんが取り組んできた事を紹介して頂きながら、セルフブランディングについて話されていました。

鎌田さんが発信することによって生まれたメディアを通じてコミュニケーションを展開しているそうです。

規模の小さいオウンドメディアって事ですね。

鎌田さんは個人で様々な取り組みを行っており、

個人的にはスケジュールのマネジメント方法なんかもお聞きしたかったです。

 

5番目に参加したのはU20ラグビー日本代表監督の竹中竜二さんと

面白法人カヤック代表柳澤大輔さんのセッションでした。

このセッションでは、チームの中野中心人物はどのようにあるべきかと言うことがテーマでした。

人を引っ張っていくリーダーシップとは逆の・・・ゆるいというと語弊がありますが・・・

周りの人間を尊重するリーダーのあり方をお話ししていました。この話は大賛成。

弊社でも実践しようと思います。

アイデアが生まれるとき 〜考え抜く力〜

最後にエンディングトークなんですが、映画プロデューサー/作家の川村元気さん、

ジャーナリストの津田大介さんの対談で、川村さんのアイデアの原動力をお話ししていました。

川村さんは「バクマン」や「告白」「モテキ」「電車男」等の映画をプロデュースしつつも

「世界から猫が消えたなら」と「億男」などの小説作家としても有名な方です。

金曜日の終電に乗っていると必ず一人はいる、号泣している女性を観察したり(笑、

日常の生活でたまに目の当たりにする非日常な経験を

頭の中にある「違和感ボックス」に貯めていくそうです。

アイデアを出すときは普遍性X時代性、発見X発明と相反する事柄で考え抜きつつ、

時折その「違和感ボックス」の経験をつなぎ合わせてアイデアを出すそうです。

トークもかなり面白かったので、「世界から猫が消えたなら」と「億男」も読んでみようと思います。

楽しみです。

 

10:30から18:10(交流会まで入れると20:00)までの長丁場のイベントも終わり、

交流会でも何人かの異業種の方とお話しする機会もあり、また興味深いお話を聞いたり、

正直なところ、情報量オーバーフロー気味でしたがとても有意義な一日になりました!

と、かなり個人的な長文のアウトプットの場となってしまいましたが、

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

これからもアウトプットしていきたいと思います。

小野 航

地域再生へとつながる!幻の果物ポポー

BY wataru.ono Date:2015年11月20日 Category:Others

こんにちは、ディレクターの小野です。
ついこの間、身の丈以上の実装案件を納品できてほっとしているところです。
お客様からも喜んでいただけたし、こちらも泥のように眠れる時間が戻ってきてよかったよかった。

 

話は変わって、みなさんは「ポポー」という果物をご存知でしょうか?
あまり聞き慣れない名前だと思います。私も最近まで知りませんでした。

ポポー(または、ポーポー)。

見た目はアケビのようで、味は熟すとカスタードクリーム。
マンゴーとパイナップルとバナナを足して2(?!)で割ったような、押しの強い甘い香りが特徴です。

先日旅行先(山梨県)で購入し初めて食べたのですが、濃厚な甘さと独特の後味が残る焼きプリンのような風味でした。また食べたい。(´Д` )

続きを読む >

cony

この冬行ってみたい街角イルミネーション!

BY CONY Date:2015年11月18日 Category:Others

こんにちは。コニー吉田です。

ハロウィンの喧騒から2週間、今度はクリスマスが近づいていますね。

実は、弊社事務所内にもクリスマスツリーがすでに輝いています。

気が早すぎますね。

それがこちら。吉田の席が占拠されています・・・。(スペースの関係で謎アングル)
IMG_1407

ということで今回は東京近辺でイルミネーションが楽しめそうな場所を探してみました。

【西武園ゆうえんちイルミナージュ】

ラスボスこと小林幸子さんがイルミネーションをプロデュース。
自身の楽曲と光がシンクロするそうです。
紅白の衣装みたいな感じでド派手なんでしょうか。気になります。

詳しくはこちらから

【イクスピアリ・クリスマスタウン】

夢の国のすぐ外、イクスピアリで開催中のイルミネーション。
水面に反射するランタンの明かりは「塔の上のラプンツェル」で圧巻だった名シーンのごとく美麗。
23時まで点灯してるそうなので、パーク帰りにふらっと寄ってみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちらから

【Roping Hills Artelligent 六本木ヒルズクリスマス2015】

毎年恒例のイルミネーション。時間帯毎に赤と青の光が順番にけやき坂を照らします。
スマホと連動するインタラクティブなイルミネーションも用意されているのが他とは大違うところ。
専用サイトにアクセスすれば、イルミネーションの色が変化するそうです。
これ、ちょっとやってみたいですね。

詳しくはこちらから

わざわざどこかに行かずとも、街中至る所でイルミネーションされていますから帰り道はなんだかウキウキしますよね。
この冬はたくさん散歩して、マイナーだけれどもめちゃめちゃきれい!な灯りを探してみたいと思います。

こんにちは吉田です。

趣味は楽器演奏、レゴ、・・・・・・そして映画鑑賞です。

ということで本日は「クラシカル」「部屋に飾るとおしゃれ」をテーマに、”名画”とも言える映画のポスターをいくつかご紹介します。
(画像ではなく、ポスター販売店のリンクを掲載します)

【風と共に去りぬ】
http://www.allposters.co.jp/-sp/%E9%A2%A8%E3%81%A8%E5%85%B1%E3%81%AB%E5%8E%BB%E3%82%8A%E3%81%AC-Posters_i8038571_.htm

燃えるような赤・オレンジが印象的なこの1枚。気を失ったスカーレットを抱えるレットが本当に色っぽい!

【雨に唄えば】
http://www.allposters.co.jp/-sp/%E9%9B%A8%E3%81%AB%E5%94%84%E3%81%88%E3%81%B0-Posters_i8038071_.htm

言わずと知れたミュージカル映画の大傑作。シンプルな構成ですが、楽しげなスリーショットにワクワクします。

【市民ケーン】
http://www.allposters.co.jp/-sp/Citizen-Kane-Orson-Welles-1941-Running-For-Governor-Posters_i9339926_.htm

こちらはポスターではなくスチール。映画通アピールに最適な1枚?

【トップハット】
http://www.allposters.co.jp/-sp/Top-Hat-1935-Posters_i6249841_.htm

ミュージカルの神様、フレッド・アステアの代表作。アステアの象徴であるトップハットの上で
ステップを踏む二人がファンにはぐっときます。

【西部開拓史】
http://www.allposters.co.jp/-sp/%E8%A5%BF%E9%83%A8%E9%96%8B%E6%8B%93%E5%8F%B2%EF%BC%881962%E5%B9%B4%EF%BC%89-Posters_i8037144_.htm

アメリカの西部開拓記を5章立てで描く一大スペクタクル。同じ西部時代でも5つの時期を5つの絵で見せています。

うーん、映画っていいものですよね。

みなさまも部屋に飾っておけばゴキゲンになれそうな1枚を探してみてはいかがでしょうか?