Id

menu

Id. DEISGN STUDIO BLOG

アイディデザインスタジオの広報、デザイン/マーケティングに関する研究内容を書き留める忘備録、及び実績紹介のブログです。

小野 航

考える犬

BY wataru.ono Date:2015年12月13日 Category:Book, Others

こんにちは、ディレクターの小野です。

今までWebやデザインに関連したカタい記事ばかり書いてきましたので、今回は少しゆるい内容にしたいと思います。

今回ご紹介するのは本、それも漫画です。
講談社から発売されています、守村大著『考える犬』という作品になります。

主人公は40代の中年サラリーマン。
ヒットを飛ばすトップ週刊誌の敏腕編集長です。
行動力と決断力に揺るぎない自信を持ち、周囲からも認められるダンディな男性。人生の勝ち組ですね。

そんな完璧な人間性を自負する主人公「大門寺文左衛門」ですが、あるとき捨て犬を拾います。
それはいっときの感傷に流されたものではなく、自慢の直感をもとに判断した結果。
この犬は、自分と自分が愛する家族へ必ず良き影響を与える。そう、何か強い縁を感じたためでした…。

 

続きを読む >

oki

数学が得意になるには

BY OKI Date:2015年12月11日 Category:Others

この記事はQiita 数学 Advent Calendar 2015の11日目の記事です。

こんにちは。
ディレクターの大木です。

数学的な思考は意外と使う機会が多いのに、数学に苦手意識持っている人が多いなとよく思います。
そこで、今回は数学が得意になるにはどうしたら良いか、ということについて書きたいと思います。
(自分の経験)

1.手を動かす

これが一番大事です。
考えているだけでは得意にはなれません。
一番やってはいけないのが、参考書とか問題集の解答を「読む」ことです。
わからない問題も解答のとおりに実際に解いてみましょう。
そして、参考書のヒント無しでできるまで反復練習することが重要です!
自分の力でできるようになって、初めて理解できたといえます。

2.最初から100%理解することを目指さない

数学ができない人の傾向のひとつに「いきなり100%理解しようとする」という点があります。
しかし、めちゃくちゃ頭のいい人でない限り、いきなり100%理解できるわけないのです。
理解できない点があっても「私は数学苦手だ」とか思う必要はなくて、
最初は60%の理解でも繰り返すうちに100%に近くなって行けばいいんです。

3.人に教わる

参考書とか読んでると、たまに(頻繁に?)何言ってるのかわからないところが出てきます。
10分間考えてわからないものは60分考えても答えは出ません。(個人的な感想です笑)
そういう時は人に聞くのが一番です。
家庭教師とか知恵袋とか頼れるところはたくさんありますよ。

4.参考書のやり方を真似る

「守・破・離」という言葉もあるように、何事もまずは師の型を真似るところから入るのが定石です。
(「守破離」って語感が良くて好きです)
自分で考えることも大切ですが、真似することも同じように大切です。

まとめ

当たり前なことばかりですけど、当たり前なことをきちんとできる人が強いと思います。

こんにちは、最近は「下町ロケット」と「あさが来た」を見るのが生き甲斐なコニー吉田です。

今日ヤフーニュースを見ていたらこんな記事が目に飛び込んできました。
「おばあちゃんにカニむきロボを 8歳発案、町工場が試作」

関節リウマチを患うおばあちゃんがカニの殻を剥きにくそうにしているのを見て、
このカニむきロボを思いついたのだそうです。

それから3ヶ月後、東大阪市の広報誌に載った発明品アイデア募集に応募したところ
なんと「ブランド賞」に選出! 市内の町工場が本当に制作してくれることになったの
だとか。

少し前にはこんなニュースもありました。

「小6少女が特許取得 缶を自動分別するごみ箱 夏休みの自由研究きっかけに」

愛知県の小学6年生が、磁石の力を利用してスチール缶とアルミ缶を自動で分別するゴミ箱を制作し、
特許も取得したそうです。

発明者の女の子はスーパーを営むおじいちゃんが缶の仕分けしているのを見て思いついたそうです。
面倒そうな作業に見えていたのかもしれませんね。

不便なことをどうにかしたい、それってまさに提案系の仕事にも通じますよね。
「下町ロケット」でも阿部寛演じる佃社長が熱弁していました。

ものづくりの基本というか、ソウルを感じるニュースでした。

おまけ:第16回全国ジュニア発明展(2014)

全国の小・中学生の発明コンテストです。妊婦さんのための爪切りや、出す量をコントロールできる
シャンプーボトル、大きな窓の外側を簡単に拭く便利アイテムなどなど見始めたら止まりません。
ちょっと煮詰まったときに眺めてみたら何かひらめくかも?