Id

menu

Id. DEISGN STUDIO BLOG

アイディデザインスタジオの広報、デザイン/マーケティングに関する研究内容を書き留める忘備録、及び実績紹介のブログです。

DESIGN for Innovation 2016

BY Seiji Bessho Date:2016年5月20日 Category:Design, Event report

DESIGN for Innovation 2016

こんにちは。別所です。

先日、btraxが主催した「デザインの力が未来を創り出す」をテーマとしたイベント

「DESIGN for Innovation 2016」に参加してきました。

平日9:30〜21:30とかなりの長丁場だったんですが、それを感じさせない充実した内容でした。

午前中はイノベーションワークショップ。

体験をリデザインする最初の工程をワークショップ形式で説明していただきました。

 

①相手に対する深い共感

②問題をリフレーミング

③テストのための代替案検討

④プロトタイピング

⑤フィードバック

 

と具体的な方法をグループワークで実践したので非常にわかりやすかったです。

各工程も4分〜8分など時間を区切って作業するとテンポ良く進むものですね。

このワークショップは来月の弊社の勉強会でもやってみようと思います。

 

カンファレンス

午後のカンファレンスは主に、今後デザイナーという職種が

どのように変わっていくかという議題で話していました。

レポートがあったので↓こちらを読んでいただいた方が早いかと思います。

btraxが「DESIGN for Innovation 2016」を開催——イノベーションに対するデザインの重要性を徹底討論

http://thebridge.jp/2016/05/design-for-innovation-2016-by-btrax

「デザインテクノロジスト」の登場、デザインファームの買収―世界最先端のデザインの潮流
http://bizzine.jp/article/detail/1583

「ストーリーデザイン」により、消費者の共感を体験につなぎビジネスの差別化を実現する
http://bizzine.jp/article/detail/1582?p=4

これからのデザイナーは机に向かってゴリゴリと美しいビジュアルデザインを作る、

それ以外の人たちには理解ができない、「神秘的」で職人気質な職種ではなく、

与えられた制限の中で最大限の結果を生み出す能力のある人間のことなんだろう認識しています。

これは、単純にセンスがあるデザインができる人と言うよりは

情報設計やここ2〜3年で誰もが口にするようになったUXデザインなどに基づいて、

アウトプットまでの全ての工程に積極的に関わっていく船頭みたいな役割であるべきで

そのために必要な知識や技術は誰でも学ぶことができる物だと思っています。

たとえばマーケティングの知識であったり、心理学であったり、建築の知識であったり、

大学の一般教養で学ぶことであったり、

普段から本を読んだりこういったセミナーに参加していたら十分に習得できるような物ばかりです。

今年に入ってから弊社も新しいスタッフも何人か増やすことができましたので

また定期的に勉強会を行い意識の標準化をしっかりと行っていきたいと思います。

いや、ちょっと堅すぎますね。

社内だけでなく社外の方とも交流を持ちつつ、無駄話もしつつ、積極的に恥も搔きつつ・・・

学んでいきたいと思います。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

ちなみに弊社の勉強会は社外の方も参加可能です。

1〜2人と席は少ないですが、ご興味がある方はご連絡ください。

六本木アートカレッジ2015

BY Seiji Bessho Date:2015年11月27日 Category:Event report

六本木アートカレッジ2015

こんにちは。別所です。

久しぶりにブログを書く気がします。

あっ。前回はスタンプリリースのお知らせだったから印象が薄いんですね。

そのスタンプもそろそろ新しい物がご紹介できそうなんですが、それは後ほどと言うことで。

今回は今週の月曜日に参加した六本木アートカレッジについて書きたいと思います。

三連休の最終日の朝からという個人的には二日酔い確実の日程ですが、

モーニングゾンビよろしく強行してきました。

六本木アートカレッジはアカデミーヒルズで年に一回開催されるトークセッションです。

各界のトレンドを担っている方々が、

パワーセミナー、コラボトーク、パワフル女子トーク、体感型アクティビティ、アートトーク、と

五つのカテゴリーの各会場に分かれて小学校の時間割のように一時間ずつトークセッションを行います。

参加人数も1000人と大規模で賑わっていました。

タイムテーブル

オープニングはトランジットジェネラルオフィス社長の中村さんとアカデミーヒルズ理事長の竹中さん。

トランジットは朝食ブームの火付け役になった、billsを展開している会社です。

対談ではインプットした物、知識はとにかくアウトプットすること。と言うことをおっしゃっていました。

本を読んだり、イベントに参加したり、またはアイデアが浮かんだら同僚や友人にアウトプットする。

アウトプットすることによってインプットした事が自分の中で確実になるとのこと。

これは以前から言われてきたことなんですが、改めて実践しないといけないなあ。と思いました。

他にもアイデアは必ずしもゼロから作らなければいけない物ではないということ。

ニューヨークやロンドンにあって東京にないものは積極的に取り込むべきだと。

東京はブランドとして世界屈指の先進都市であるべきで、世界の先頭集団から外れるわけにはいかない!

東京が元気になれば地方も元気になる。と仰っていました。なるほど。

 

2番目に参加したのはパワーセミナーの編集者、軍地彩弓さんのセッションでした。

軍地さんは雑誌、GLAMOROUSを始めとする様々なファッション雑誌の編集をされていた方で、

ドラマ「ファーストクラス」の監修もされていたそうです。

共感する企画の作り方のお話でした。

1. 観察
2. 情報を収集する
3. 人の心の声を聞く
4. 心理導線を考える
5. 論理を飛躍する
6. 集約する

と言う過程を踏んで企画を作るそうなのですが、5の論理を飛躍すると言うところが興味深かったです。

話を飛ばしてほかの業界との話題に紐づけるなど企画の過程では無意識に行っていることもあるのですが、

工程に組み込むことはなかったので、これからは参考にさせて頂きたいと思います。

 

3番目に参加したのは清水寺の住職、森清顕さんの「清水寺のマネージメント 3つの極意」です。

もうタイトルだけでグイグイ引っ張られますよね。

清水寺の年間の来訪数は500万人もいるそうです。ちなみに京都全体では5000万人。すごい市場ですね。

清水寺の概要や三つの極意、現在を知り、過去に学び、未来につなぐ、と言う高尚なお話を頂きました。

とにかくお坊さんは話すのが上手、抑揚の付け方も、たまに笑いを誘うところもあり、楽しかったです。

清水寺参拝曼荼羅のコピーも見ることができて1200年の歴史の一部を垣間見ることができました。

 

4番目に参加したのはモデルの鎌田安里沙さんのセルフブランディングのセッションです。

鎌田さんが取り組んできた事を紹介して頂きながら、セルフブランディングについて話されていました。

鎌田さんが発信することによって生まれたメディアを通じてコミュニケーションを展開しているそうです。

規模の小さいオウンドメディアって事ですね。

鎌田さんは個人で様々な取り組みを行っており、

個人的にはスケジュールのマネジメント方法なんかもお聞きしたかったです。

 

5番目に参加したのはU20ラグビー日本代表監督の竹中竜二さんと

面白法人カヤック代表柳澤大輔さんのセッションでした。

このセッションでは、チームの中野中心人物はどのようにあるべきかと言うことがテーマでした。

人を引っ張っていくリーダーシップとは逆の・・・ゆるいというと語弊がありますが・・・

周りの人間を尊重するリーダーのあり方をお話ししていました。この話は大賛成。

弊社でも実践しようと思います。

アイデアが生まれるとき 〜考え抜く力〜

最後にエンディングトークなんですが、映画プロデューサー/作家の川村元気さん、

ジャーナリストの津田大介さんの対談で、川村さんのアイデアの原動力をお話ししていました。

川村さんは「バクマン」や「告白」「モテキ」「電車男」等の映画をプロデュースしつつも

「世界から猫が消えたなら」と「億男」などの小説作家としても有名な方です。

金曜日の終電に乗っていると必ず一人はいる、号泣している女性を観察したり(笑、

日常の生活でたまに目の当たりにする非日常な経験を

頭の中にある「違和感ボックス」に貯めていくそうです。

アイデアを出すときは普遍性X時代性、発見X発明と相反する事柄で考え抜きつつ、

時折その「違和感ボックス」の経験をつなぎ合わせてアイデアを出すそうです。

トークもかなり面白かったので、「世界から猫が消えたなら」と「億男」も読んでみようと思います。

楽しみです。

 

10:30から18:10(交流会まで入れると20:00)までの長丁場のイベントも終わり、

交流会でも何人かの異業種の方とお話しする機会もあり、また興味深いお話を聞いたり、

正直なところ、情報量オーバーフロー気味でしたがとても有意義な一日になりました!

と、かなり個人的な長文のアウトプットの場となってしまいましたが、

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。

これからもアウトプットしていきたいと思います。